hidamari

胡桃 kurumi
ひさかたの ひかりのどけき はるのひに
しずごころなく はなの ちるらん。


確かにそこにそれは存在していたのだと、
思える日々をいくたびか過ごすために。



Powered by "JUGEM"
archives